←トップページへ戻る

設立趣旨

メンバー写真

 ワーカーズ・コレクティブキッズポケットは、2000年7月に非営利の市民事業として、派遣による子育て支援活動を開始しました。

 私たちの願いは、次世代を担う子ども達の健やかな成長です。しかし、私たちの生きる現代は少子化・核家族化が進み、 ライフスタイルの変化とともに地域でのコミュニケーションがとりづらくなる中で、様々な問題が起きていることも事実です。

 子育て中の家庭にとって手助けを必要とするときに、安心して子どもが預けられる人がいたらどんなに助かることでしょう。 私たちは、自分の体験から学んだことを生かし、子どもにとっても、親にとっても、より身近なサポーターとしてかゆいところに手が届く子育て支援を行っていきたいと考えております。

 子育てが、単に一家庭のこととしてではなく社会全体として支えてゆく方向に向かうことを願いつつ、 この活動が社会的認知を得て地域に根付いた市民活動としてより一層発展し継続していけるように、私たちは特定非営利活動法人を設立致します。



こんな活動をしています

 派遣での保育サービス事業でスタートをきり、その後、より多くのニーズにお応えするために、保育室を開設しました。
 月に一度の「ひろば」は、おかげさまで週に一度へステップアップ。 さらに、現在は(NPO)ぽっかぽか荘とのコラボレーションで行っています。
 子育てにちょっとお手伝いがほしいとき、すぐ隣にいるような存在でありたいとの想いを胸に、活動を展開しています。

キッズポケットのあゆみ

ワーカー数 21名   2017年8月現在 
2000年7月 派遣型子育て支援事業を設立
2002年1月 保育室を開設
2002年4月 横須賀市より「子育て支援ヘルパー派遣業務」受託
2003年4月 特定非営利活動法人格取得
2005年7月 横須賀市より「わいわいスクール運営業務(津久井小学校・馬堀小学校)」受託
2006年4月 「ひろば」スタート
2007年4月 「ポケットひろば」スタート
2008年4月 「ぴよぴよ保育」スタート
2009年4月 横須賀市より「愛らんど追浜運営業務」受託
2012年5月 「ぽっかぽかひろば」スタート((NPO)ぽっかぽか荘へ運営委託)

ワーカーズ・コレクティブとは?

地域に暮らす人たちが生活者の視点から地域に必要な「もの」や「サービス」を市民事業として事業化し、自分たちで出資し、経営し、労働を担う雇われない働き方の組織です。(略称:ワーコレ または W.Co)